2022年8月11日木曜日

伊豆沼蓮だより

 


去る7月15日の大雨により今年の伊豆沼は壊滅的な被害を受けました。周辺の水田は完全に冠水し、稲作農家は落胆しております。伊豆沼の蓮は一部が生育している状況です。例年なら沼一面ピンクに覆われ、極楽浄土を思わせる美しさになりますが、今年は水性植物「菱」の葉が無残にも茶色に覆っています。皆さん来年の蓮に期待し、ぜひ来て下さい❗

「伊豆沼のIさん」

2022年7月21日木曜日

手作り庭愛好会7月活動報告

7月16日土曜日
オープンセミナーで 素敵なシェードガーデンを作ろうのテーマで、泉緑化の松本明美先生を講師に勉強会を行いました。
生憎の大雨の中、22名が参加しました。


まずシェードガーデンの植栽について、日陰の段階と植物の性質をふまえるという基本を教えていただきました。
更に、おしゃれな植栽を作るためのテクニックとして、植物の色彩、形、質感などを考える事を学び、
こんな裏技が‼️こんな仕掛けが‼️など、驚きが満載。
ベテランガーデナーが多い集まりででしたが、新たな発見がある素晴らしい講習会でした。
庭作り、はてしない。
これからも楽しんで行きましょう‼️

手作り庭愛好会 3班 O

2022年7月16日土曜日

ちょっと、ひと休み、、

今年も早い品種の花蓮が咲き始めました。そこにヒョイとトンボがやって来、これはチャンスと思いスマホを取りだした1枚です。

伊豆沼のIさん

2022年7月6日水曜日

フォト愛好会7月活動報告

7月6日(水)、いつものバスを借りて岩手県一関へ撮影会へ行ってきました。


「みちのくあじさい園」では、何万株の紫陽花の中からお気に入りを見つけたり、光の差し込む所を捉えて撮したり、広い敷地を散策しながらのんびり撮影を楽しみました。


「毛越寺」では、あやめまつり期間中で色とりどりの花菖蒲が見られ、浄土庭園の深緑のもみじや池への映り込み撮影にもトライしました。

帰路は講師に撮影の疑問を尋ねたりして話が尽きず、今回も実りの多い(⁈)時間を過ごすことができました。

botaneko

2022年6月29日水曜日

猛暑のなか、、

 


毎日、暑い日が続いて暑さが苦手なクレマチスは早々に休眠#「地上部が枯死状態」している種類も有るなか元気に咲いているクレマチスを発見、その名は「大河」花色のグラデションと花びらが魅力です。ちょっと成長が遅いのが難点です⁉️

「伊豆沼のIさん」




2022年6月26日日曜日

礼文草が咲き始め、、


赤紫色のマメ科の植物「礼文草」この鉢物は実生して7,8年程になり、年々株が良くなり開花後は種をつけさせ種は全国の野草家に送っております。花を通じての「お付き合い」も花栽培の魅力のひとつではないでしょうか?
今でも私は珍しい植物は全国の人から種を譲り受け実生を楽しんでおります。

伊豆沼のIさん

2022年6月24日金曜日

早くも蕾が❗


花蓮早生種の「クリスタルビュテイ」がここ数日に蕾が上がり開花を楽しみにしております。この品種は花蓮には珍しいクリ-ム色で比較的花芽上がりが良く綺麗なので好きな蓮です。
 「伊豆沼のIさん」

2022年6月19日日曜日

この色に感激‼️


2年程前購入した「コウホネ」
がやっと開花しこの色の素晴らしさに思わず写真に収めました。昨年は施肥したにもかかわらず開花には至らず思案してたところです。艶のある葉も綺麗で魅力的です。

「伊豆沼のIさん」


2022年6月13日月曜日

花の不思議

衝動買いしたアメージンググレーのポピー,
一番花が赤。
首を長ーくして、毎日毎日待ち焦がれたので、ガッカリ。

所が今になり、何とグレーが出てきた。
嬉しいけど、不思議。
花は奥深い。
タネが出来るといいな。
楽しみ。


どう見ても赤。


現在、グレーです。


もう一株植えたのは、全てグレー。

etuko

爽やかなひととき、、


この時期、ちょっと気が滅入る季節に爽やかで上品なクレマチス「白万重」が咲き始めました。私には機嫌取りをさせられる品種ですが、この花の魅力にはまって栽培しております。


伊豆沼のIさん